ビジネス | ベトナムの生活情報

ビジネス
オフィス事情
条件に合う物件が見つかったらまずデポジットを払って確保しましょう。オフィスビルは多数存在し、ランク付けされています。最近は短期出張者向けのバーチャルオフィスも増加中。
ビジネス
オフィス賃貸
オフィス物件のタイプは似ていますが、エリアによって人気、空き状況や利便性などは変わってきます。まずは仕事の状況などに合わせオフィスのエリアを選びましょう。
ビジネス
会社設立
日系企業の進出が増加傾向にある中でサービス業の進出が活発化しています。起業する際は事前調査を慎重に行い、熟知しない相手との合弁や名義借りを避ける等注意が必要。 
ビジネス
法律
当地での会社運営にあたり、頻繁に関係してくる投資法、企業法及び土地制度については、よく理解しておきましょう。万一のときのために、紛争解決手段についても知っておくと安心です。
ビジネス
税制
法人所得税、個人所得税、付加価値税などがあり、日本の法人税、所得税、消費税に類似しています。ただし税制が頻繁に改正されたり運用面の未熟さがあるため注意が必要です。
ビジネス
会計
外資系企業は会計監査法人の監査を受ける必要があります。ベトナム独特の制度、外資系企業にのみ適用される規則などもあるため、会計事務所に委託するのが一般的。
ビジネス
社員向け保険
当地では法律上労災保険の強制付保の規定はありませんが、労働法で労災事故に対する雇用主による補償が義務付けられているため多くの企業では労災保険に加入しています。
ビジネス
人材採用
日本語人材の求人は「売り手市場」が続く状態です。会社側・求職者側双方の条件を明文化し、採用する際は試用期間を設けるなど適性をしっかり見極めることが大切です。
ビジネス
SNS
日本と同様にLINE、Twitter、Facebook等のSNSは、地元の人々の間で日常生活、または企業としてもビジネスに不可欠なコミュニケーションルーツとして広く利用されています。
ビジネス
ベトナムの雇用
日本人的にはビジネスの常識が通じず対応に苦慮するなどと耳にすることがありますが、まずはベトナム人の気質を理解し、やり方を工夫しながら業務を回しましょう。
ビジネス
給料・ボーナス
ベトナム人社員の雇用契約の期間は最短 12 ヵ月~最長 36ヶ月で結ぶことが可能です。解雇の際は管轄労働局へ報告義務があり、よほどの理由がない限り解雇は出来ません。
ビジネス
雇用法
日本人を採用する際は労働許可証の取得がポイント。ベトナム人社員の雇用契約の期間は最短12 カ月~最長36カ月で結ぶことが可能ですが、よほどの理由がない限り解雇はできません。
ビジネス
退職金
12 カ月以上勤続した従業員が退職する場合、その退職が「会社都合」「自己都合」のいずれであれ、退職に関連する手当を支給する必要があります。ポイントは失業保険への加入です。
ビジネス
転職
日系企業だけではなく、外資系企業での日本人窓口の募集が増加してきています。売り手市場とはいえ、ベトナム在住者の転職数も増加しており、年々採用基準が高くなってきています。
ビジネス
査証(各種ビザ)
15日以上当地に滞在する場合はビザの取得が必須。ビジネスビザでの就労は認められていないため、就労する場合は労働許可証の取得及び、一時滞在カードまたは労働ビザの取得が必要。
ビジネス
ニュースサイト
日系企業が運営する日本語配信サイト、英語やベトナム語で閲覧できる配信サイト等、政治経済から芸能、生活に関するニュースを配信するサイトが数多くあります。
ビジネス
オフィス用品
店が点々とし、必要なものを探すのに手間取るベトナムですが、事務用品やオフィスに必要な消耗品、オフィス機器等、カタログで探して注文できる店舗もあります。
ビジネス
セキュリティ
ほとんどのオフィスビルには 365 日 24 時間体制でオフィスビル管理会社の警備員が配置されており、監視カメラが設置されている等の警備システムが導入されています。
ビジネス
工業団地
現在ハノイ、ホーチミン市の2大都市周辺を中心に約300の工業団地があり、立地、価格、運営コストなど様々で、日系の工業団地や日本人の担当者を置いている工業団地もあります。
ビジネス
産業廃棄物
有機廃棄物は工場を操業する限り必ず排出されるため、理解を深めておくことは必須だと言えるでしょう。不法投棄や違法な二次利用に回される危険性もあるので注意が必要です。
ビジネス
国内飛行機
ベトナムは南北に長い国であるため、国内の移動は実質飛行機に限られてしまいます。現在ベトナム航空の他、格安航空会社も様々な地方都市へと路線や便数があります。
ページ上部へ戻る