教育 | ベトナムの生活情報

教育
教育事情
日本人学校、インターナショナルスクール、ローカルスクールと大きく分けて3つの選択肢がありますが、家庭環境を踏まえ、卒業後の進路を考えた上で学校を選びましょう。
教育
日本人学校
ハノイとホーチミンに日本人学校があり、小学校1年生から中学校3年生までの生徒が学んでいます。日本人教員の指導の下、日本の学習指導要領に基づいた教育が行われています。
教育
インターナショナルスクール
現在10校以上のインターナショナルスクールがあり、多様な選択肢があります。国籍制限がないですが、国籍に偏りがある学校もあるので、まずは見学して検討してみましょう。
教育
ホーチミン日本人補習校
現在補習校はホーチミン市のみにあり、ホーチミン日本人学校で小学校1年生から中学校3年生までが、毎週土曜日の午前中を使い、国語と算数/数学を学ぶことができます。
教育
Eラーニング
ネットを利用した学習形態で、どこでも利用できるため、当地でも注目が集まっています。ビッグデータを駆使してお子様ごとに最適なカリキュラムを組むことができ、成績UPにつなげます。
教育
帰国製受け入れ校
日本において帰国生受け入れに熱心な学校は、帰国子女枠向けの入試や、習熟度別の授業等の特徴があります。こうした措置により、帰国生にも適応しやすい環境が作られています。
教育
日系学習塾
現在多数の日系学習塾があり、成績向上や受験対策等の学習だけでなく、帰国後の進学に向け日本全国の中学校や高校の進学情報提供や、進路のアドバイスなども行っています。
教育
習い事(スポーツ系)
当地には野球やサッカー、空手等、お子様が通えるスポーツの習い事がいくつかあります。当地では外で子供が遊べる場所が少ないため、体を動かす良い機会となるでしょう。
教育
習い事(文化系)
ピアノやバイオリン等の音楽系の教室や、英語レッスン、料理等の体験型教室など、多様な習い事が受けられます。音楽系は街の楽器屋さんに教室が併設されています。
教育
幼児トレーニング
当地では子供の教育熱も高まり、所得水準の向上と教育への支出も増えています。子供の将来を考え、幼少期からの教育が大事だと考える親が急増しており、幼児教育が注目されています。
教育
幼児教育
日系、インター系、ローカル系の幼稚園があり、家庭環境や目的に合わせ多様な教育を受けることが可能ですが、何語を母国語とするかを考えることが幼稚園選びのポイント。
教育
幼稚園・学習塾ガイド
現地の幼稚園やインターナショナルスクールのほか、日系幼稚園もあり、幼児期から日本の教育を受けさせることが可能です。学校以外の学び場として学習塾も徐々に増えてきています。
教育
お小遣い
在留邦人の家庭では月々の定額制の他、必要なときに随時渡すという家庭も多く見られます。平均のお小遣いの金額は、小学生で約10万ドン/月、中学生で20万ドン/月程度です。
教育
日本語図書
当地では公共図書館は普及していませんが、国際交流基金ベトナム日本文化交流センターやVJCCでは日本語を含む書籍の貸し出しを行っており、図書館を利用することができます。
教育
文房具
書店やローカルの商店、コンビニなどで購入が可能で、日本製の文房具も販売されていますが、日本人学校で使用する文房具等は日本から持参した方が良いでしょう。
ページ上部へ戻る